ゼノアG260PUM周りの解説 2009年10月から書き始めました

カテゴリー:

2009年12月7日

お買い上げの時に付いているゼノアG260PUMのオーナーズマニアル(英語版の解説書)がない人は
ココをクリックPDFファイルで見れます

クランクケース再組み立ての注意
合わせノックピンが3ヶ所付いていますが安心してはいけません、シリンダー座面との段差はいけません
必ず定規または指先で確認して下さい。少しの段差はボルト緩めその方向に手で修正して組んでく下さい。
手で修正できない場合はノックピンが少し斜めになってると思われますので、M5ボルトを緩めた状態で
高い方のフランクケースを銅ハンマーでたたいて修正します、私の場合は。
分解した時にピストンドームの表面を320番ぐらいのペーパーで仕上げると良いと思います。

フランジは製品のまま使うより、画像に有るように一工夫してみて下さい。
指先で触ってみれば判りますが段差はよくないです、エキゾースト関係は高速ですの注意が必要です。
なるべく渦が出来ないようにしてみてください、ノーマルのキャブレターブロックの段差も同じことが言えます。 渦流はいけません。
このように仕上げるとが数値では5.85phが6.00phぐらいに変化します。お使いのフランジを見て判断してください。
それから、ウォーターニップルのネジ部分にバスコーク等で水漏れ防止策も私の場合はします。
全てが漏れているわけでは有りませんが、O-リングなどの密着を調べる為チューブを口にくわえ
片方のニップルを指で押さえす吸うことがありますので、ニップル部分から空気が侵入するのを防ぐ為です。
ニップル部分からの水漏れは大きく有りませんのでしなくても良いのですが…

フランジとシリンダー排気口には安全のためガスケットを使用して下さい。時々ノーガスケットの方のを見受けますので…
ここが漏れていますとチューンドパイプの性能に影響します。
このあたりは大気圧より高圧でなおかつ負圧(マイナス)状態にもなります、それとO-リングの痛み防止にもなります。

それからヘッダーパイプの長さが決定したら、余分な長さは切り落としてください。余分に長いまま使用してる方も見られますので
BBパイプ使用の場合は105ミリが標準的な長さですから、そこから25~30ミリ伸ばしたところで切断して下さい。
切断面も内側にかけ少しテーパーにしてバックプレッシャーがスムーズに排気口に戻るようにした方が良いです。

ウォータージャケットの止めM3のネジの山を壊した方もけっこう多いので私なりに書いてみました。
ちなみに私は壊したことが有りませんがボートする人はXXちからあり過ぎます。☆
M3の穴を深さ10ミリまで3.3ミリドリルで掘りのM4のタップを立てます、
新しいM4長さ12ミリに画像のようにO-リングを付けます
ウォータージャケット側の穴は少しテーパーに加工しOーリングがちょうど良い圧力で沈まる深さにします。
水漏れテストして OK! くれぐれもシリンダー10ミリより深く掘ると危険です エンジンカット画像参考に。